【梅雨由来】梅雨(つゆ)の語源と由来

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

【梅雨の季節】

『梅雨』(つゆ)の季節は、

湿気が多いことから、体調も優れず

気分も晴れません。

雨が長く続く季節のことを、

東南アジアなどでは、『雨季』といいますが、

日本では、なぜ『梅雨(つゆ)』というのでしょうか?

梅雨とよばれる語源の由来はなぜでしょうか?

【梅雨の由来】

梅雨は、中国から(ばいう)」としてつたわり、

江戸時代から「つゆ」とよばれるようになりました。

『日本歳時記』には、

「此の月淫雨ふる。これを梅雨(つゆ)となづく」

と記されています。

【カビの生えやすい時機】

中国では、カビ(かび)の

生えやすい時機の降雨と云う意味で、

元々「カビの雨」とよばれていましたが、

しかしながら『黴』(かび)ではあまりにも語感がわるい為に

おなじ「ばい」のほうが時季にあっているということで、

「梅」の字を使用して「梅雨」になったとされる学説があります。

また、「梅が円熟する時の雨」と謂うことから、

「梅雨」とよばれていたとする学説もあります。

【そもそもの由来は「露(つゆ)」】

私たちの国で「つゆ」と呼ばれるようになった

そもそもの由来は、「露(つゆ)」から来たと

かんがえられますが、

梅の実が成熟して、潰れる季節である事から、

「潰ゆ(つゆ)」と関連づけるという学説もあり

梅雨の本来の語源は、まだ、わからないところがおおいと謂います。

『日本は水の国』つまり、『雨の国』と謂われるゆえんも、

梅雨がふかく影響していますね。

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク