【栗】日本を栗で元気にしたい!栗はパワーとエネルギーで満たされている!

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

秋の味覚といえば、栗はベスト3に必ず入ってきます。今日は栗の話題についてです。

★ 栗の名産地はどこか?

 世界の栗の原産地は、日本・ヨーロッパ・中国が有名です。ですが、やはり私たちは日本の栗を食べてみたいですね。日本の栗の名産地として丹波(京都府)と但馬(兵庫県)が有名で、丹波栗」と呼ばれています。栗の重さは20~25gとおおきく、ソフトで甘みがありますが難点としては貯蔵がしにくい点です。

 日本では、「丹沢」「筑波」「石槌」「銀寄」等の種類があります。また中国グリとの雑種である「利平」も作られています。日本における産地は、茨城県、愛媛県、熊本県。山口県、宮崎県、埼玉県などで多くの収穫を誇ります。

★ 栗には栄養がたっぷり含まれている。

主な成分が炭水化物ですが、丹波栗はふつうの栗に比べてブドウ糖、ショ糖を多く含むので甘みを感じます。またビタミンB1、Cを多く含有していて消化や吸収に良いとされています。このような特徴をもっているのため美味しい健康食として人気があります。

★ 栗を食べると健康になる理由 

栗の主な含有成分はデンプン質ですが、他のデンプンが豊富な作物であるイモ類、穀物よりも栗のでんぷんは樹上でとれるので浄化された貴重なデンプンなのです。豆類・イモ類と比べるとデンプンの粒子が細かく、このことが極上な味を醸し出しています。

 他にもビタミンA・B群・Cやカルシウム、カリウム、鉄分、などの栄養成分がとてもバランスよく配合されています。特にビタミンB1が豊かでエネルギーの代謝を補助する働きがあり疲労が回復します。亜鉛や渋皮にはタンニンが含まれています。食物繊維もサツマイモに比較してより多く含まれるので、腸内の環境を調整し便秘を防いでくれます。

 カリウムは身体の中にナトリウムを出すのでむくみを防ぎます。一般的ビタミンCは熱に弱いのですが、栗の場合はデンプンに包まれているので熱に強く、風邪を引きにくい体内環境を整えてくれます。さらにミネラル類が豊かで私たちに絶対必要な微量要素の亜鉛が沢山含まれています。亜鉛が足りないと味覚に障害が起こり生殖機能が減退し肌荒れや抜け毛が進んでしまうので、栗は栄養バランスのある理想的な食べ物といえます。

 栗の渋皮にはタンニン・プロアントシアニジンが多く含有されます。この物質はポリフェノールの一種、体内の活性酸素をとり除く効果があるので、癌にかかりにくい体質を作ってくれます。

 栗にこれだけすごい、パワーとエネルギーが満ちていることをご存じでしたか?秋の味覚栗に含まれる栄養をしっかりと吸収し来るべく冬を乗り越えられるように元気をしっかりチャージしましょう!

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク