【紅葉前線】日本人でよかった!紅葉を愛でる心の豊かさ。

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

紅葉を愛でた日本人

紅葉を詠んだ万葉集で、大好きな歌があります。
『ひとりのみ、見れば恋しみ、神なびの、山の黄葉、手折り来り君』
(ひとりのみ、みればこほしみ、かみなびの、やまのもみちば)、たをりけりきみ)

神さまがいる奈良県桜井市三輪の山に紅葉を見に行ってきました。
紅葉を一人で見ているとあなたのことばかり思い出されて、、、、恋しい気持ちがつのります。あなたに紅葉を手折ってきました。

 いいです歌ですね。作者は不明です。燃え盛る暑い夏も終わり、どこか切ない秋の季節を迎えます。色とりどりに咲く紅葉を眺め夏の思い出にひたり、愛しい貴方を想う。そんな風情が感じられます。

 さて、秋も深まってくると山々の樹木も彩り鮮やかになってきます。
そして楓が赤く、銀杏が黄色く色鮮やかになると冬も近づいてくる頃を感じますね。
和の国に住む私たちの先祖は、そのような季節感を持っていたのでしょう。

赤と黄色、どちらが優先されるか?

 万葉の昔から紅葉を愛でる風習がありました。しかしながらもみじは紅葉ではなく、『黄葉』で葉が黄色くなる様子を詠んだものだったそうです。
というのも、中国文化の影響が色濃く受けています。

 奈良時代以前から、日本は中国文化の影響を受けてきており中国の易・哲学ともいえる中国発祥の陰陽五行説では黄色は、特別な色として位置づけられています。

 色は方角を当てはめる意味があり、青は東方、黒は北方、白は西方、赤は南方で黄色は中央に位置していて、黄色は中華の中心、つまり王さまがおわします場所らしいのです。なので、とても高貴な色なのですね!で『もみじ』という言葉の語源はどこから来たのかといえば『揉んで色をだす』、という意味『もみず』からだという説があります。

日本人は黄色よりも赤がきれい

 当初は陰陽五行説がベースとなり木々が黄色くなるこが重要であったのですが、平安の世の中になり、だんだんと日本独自の文化が産まれてくると黄色よりも赤色にポイントが置かれてきたのです。より視覚的なインスピレーションが勝ってきたのでしょう。政治や哲学で考えようとする左脳の働きではなく、直感やひらめきを感じる右脳を私たちのご先祖さまは優先されたのですね。その証拠に奈良時代に詠まれた万葉集は『黄葉』でしたが、平安時代につくられた古今和歌集では圧倒的に『紅葉』詠まれました。

銀杏、楓の語源

 銀杏(いちょう)の語源は中国語で鴨の脚『鴨脚(ヤーチャオ)』から転化し、楓(かえで)の語源は葉形が蛙(かえる)に似ていて『蛙手(かえるで)』から変化したらしいです。

紅葉前線、最新情報

紅葉前線の最新情報は次のサイトが便利です↓。

紅葉情報:朝日新聞デジタル

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク