自己破壊は革命の定義とよく似ている!

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

革命の定義とは✨

破壊と創造。
いつの時代も、どんなに混沌とした世の中にも必ず突き抜けた人が現れる。人の常識外の時代の先を読んでるから最初はきちがい、変態、おかしい人、変人。バカにされるくらい世間は到底実現不可能だと嘲笑う。

ダイナマイトの様な起爆力。みんな言う。そんなの絶対に無理。出来るわけが無い。

新しい第一歩を踏み出す為に自分の中から沸き上がる声に従って不可能に挑戦するその勇気。出る杭は打たれるが出すぎた杭は打たれない。自分の実力をここまでと思うならばその人間の実力は伸びずにそこで終わる。

自分を信じられないのなら他人も貴女を信用しない。自分を卑下する人間は相手からも又同じ様に扱われるだろう。自分の言う言葉に責任を持てないのなら周りも貴女に無責任な言葉を発するだろう。 

自分の限界を決めずに越えていく者はどんな苦境に立たされても何をも恐れない勇気と孤独に耐える試練も怖れず限りない探求心で突破口を開き勇敢に立ち向かい情熱を持って己の道を作るのであろう。

どんなに非難され批判され罵倒されても遠回りしようが何年掛かろうが必ず到達し夢を叶えていく道なき道を危険もかえりみずに進んで行く。諦めない姿勢と心が何より大事なんだ。

自分の可能性を無限大と信じぬく強さが己の魂を磨き強靭な精神と強い肉体を作っていくのだろう。心と身体と魂が一体となって。

そう、大変な時は大きく変わるチャンス。選ばれし人が自己の古い殻を破り続け時代に合ったセンスと感性で創造し成し遂げていくのだろう。

不可能を挑戦する人達は、何度も歴史の扉を開いてきた。選ばれし人は一人を恐れない。
最後まで自分の味方は自分と言う事を熟知しているから。頼るべきは誰よりも自分自身。

選ばれしチャンスが与えられるのだろう。私が私であることに求め続ければいい。本当の敵の正体は、自分自身の内側にある弱さ。向き合えたならば本当の意味で強い魂を手に入れて創造しながら古い鎧を脱ぎながら古い観念を壊しながら。

自己破壊は革命の定義とよく似ている。(Written by Akiko Yin)

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク