【蜂窩織炎(蜂巣炎)】季節の病気 蜂窩織炎(蜂巣炎)はどのような病気なのか?

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

【蜂窩織炎(蜂巣炎)はどのような病気なのか?】

皮膚の深部から皮下脂肪組織の範囲に

おいての細菌の化膿性炎症であります。

要因はなにか?

おもに黄色ブドウ球菌ですが、

化膿連鎖(れんさ)球菌などほかの細菌で

発生する事も有ります。

【菌は皮下脂肪組織に入って発症】

菌は、毛穴や汗のでる管、ちいさな傷、

或いは骨髄炎(こつずいえん)等、ふかい処の感染症から、

皮下脂肪組織に入って発症する傾向があります。

リンパのうっ滞や浮腫が元になることもあります。

【症状のあらわれかた】

ひろい範囲にわたり赤く、かたく腫れて、

熱感と様々な痛みが有ります。

顔や四肢に頻繁に出てきます。

熱がでて、頭つう・関節の痛みをともなうことも有ります。

時が経つとすこしブヨブヨして、膿がみえることも有り、

又そこの皮ふが破れて膿やいたんだ皮膚組織がながれでて、

深い潰瘍が出来る事もあります。

【検査及び診断】

血液の検査においては、白血球が増大して、

CRP(炎症検査の項目)の上昇が見られます。

せつ(せつ)・癰(よう)でみられる膿栓(のうせん)

(毛穴に一致して膿がみえる)は出来ません。

丹毒(たんどく)はあさい処の蜂窩織炎ですけれども、

かならずしも区別は簡単ではありません。

結節性紅斑(けっせつせいこうはん)は

ヒフのせまい場所の赤みの有るシコリで、

おもに下腿に出来ます。

蜂窩織炎でも、高熱やはげしい筋肉のいたみや関節のいたみ、

血圧の低下などが見られる際は、

壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)の発症を

かんがえて対応します。

【治療のしかた】

赤く熱感のある処は安静に冷却します。

適切な抗菌薬の内服や点滴静注が必要となるので

早目に皮膚科にいきましょう。

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク