【ダム】美しい国のダム。ダムの達人が教える、貴方が知らないダムの世界

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

現在、かつてない“ダムブーム”が起きています。

人気があるダムでは、放流が行われる際に、

千人を越える人が詰めかけたり、

希少なダムカードは、高値で取引きされたりしています。

日本には観光地として名高いダムから、

現地にいくのが困難な一般的に知られていない

玄人向き(?)まで、多くのダムがあります。

ダムの世界を知れば知るほど、未知の領域に

引き込まれていきます。

そんな『ダム』について、熱く語っている人がいます。

大型バイクでツーリングを楽しむ紫摩(しま)さんです。

紫摩(しま)さんは、大型バイクで日本中をツーリングし、

つれづれにブログmysimasimaを書いている人です。

そんな紫摩(しま)さんに

ダムの楽しみ方と魅力について教えてもらいましょう!

ダムの楽しみ方

1 ダムそのものの大きさを楽しむ

2 ダム放流タイプを知る

3 ダム湖の大きさを楽しむ

4 ダムカードをもらいに行く

5 ダムまでの道中を楽しむ

ダムの魅力

『大自然と無機質のアンバランス』

『人力による巨大建造物』

『無尽蔵の川の水量をコントロール』

『ダムの構造』

『大自然と無機質のアンバランス』

『大自然と無機質のアンバランス』

人手による建造物であるダムと

天然の緑の環境にあるとのダムとのあまりにも

アンバランスな落差の魅力があります。

『人力による巨大建造物』

現在でこそ、ダム建設はハイテクの進化により

施工されていますが、1930年~1950年代の

古いダムは、建設重機が今のように

整っていなかったため、想像しえない苦労があったようです。

地図を頼りに山中を歩いているといきなり

コンクリートの巨大な建設物が目の前に

姿をあらわす瞬間は、ダムが巨大であればある程

感動的です。

『無尽蔵の川の水量をコントロール』

人の手による建造物が無尽蔵とも思える川の水量を

コントロールしている様子を見るだけで

感動してしまいます!

『ダムの構造』

ダムにはアーチ式コンクリートダム、重力式コンクリートダム

中空重力式コンクリートダム、バットレスダム

台形CSGダムなどの種類がありますが、

紫摩(しま)さんは、

重力ダム(グラビティーダム)に一番心惹かれるといいます。

「堤体の重さで水をせきとめている最も標準的な形式で

最も強度のある様式です。コンクリートによる建造物の単純な形が

クールでなんです!」

聞けば聞くほど、楽しさと魅力が尽きないダム。

今かつてないほどのダムブームが起きている理由も

納得できますね。

貴方もまずは、身近なダムから訪ねてみたらいかがでしょうか?

【ダム巡りで参考になるブログ、資料】

『【ダム巡りの魅力】初心者でも楽しめるダムの見どころ! 何を見たらいいか迷ったら大きさを感じろ』

【画像あり】空前のダムブーム到来! ダムライターが選んだ“今見ておくべきダム86基”

コンクリートダム_Wikipedia

(「コンクリート」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 2014年12月4日 (木) 14:48240f:6d:897c:1:9d7b:dd6d:e47f:1371

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク